PROFILE

Akkin [戸津晃子] (Tapdancer / Choreographer / Graphic Designer)

Akkin

京都市出身。
幼少よりピアノ・クラシックバレエ・日舞を学び、宅原浩一氏にシアタータップを、大阪ベースメントスタジオにてリズムタップを学ぶ。その後大阪を拠点とする[beis]crewに在籍し、公演・ライブ・ディナーショー・スクールショーの主催・出演など、関西・各地方都市にて活動する。
2007年よりソロ活動を開始、短期渡米を繰返し多くのタップダンサーに師事する傍ら、大阪Jazz On Topにてjazz×tap セッションライブ「TAP NIGHT」を毎月主催。東西のタップダンサーを多数ゲストに迎え、またゲストダンサーのワークショップの企画など関西のタップシーンに彩りを添える。
2009年春上京。ソロやユニットパフォーマンスを中心に、舞台・ライブ・イベント・テレビ出演・インストラクターとして活躍。TAP JAM SESSION「足音」、東日本大震災復興チャリティープロジェクト「Power of Tap」、女性アーティスト集団「Women In Tap」など活動は多岐に渡る。 2013年秋、Akkin・yoshiko主宰タップダンスライブプロジェクト「kokodotz」を開始。2015年夏、音楽バンド「とってんたん」を開始、ライブ活動や幼稚園での演奏授業なども精力的におこなっている。
また、イメージの具現化をグラフィックデザインも手がけることで多角度よりクリエイトし、踊りや音楽シーンの発信に努める。紙ものを中心に、音楽CD制作、Tシャツ、WEB制作更新、立体オブジェなどフレキシブルに手がけている。

シアタータップからリズムタップ、振付から即興まで、柔らかさと凛々しさを併せ持ち踊る日々。デジタルとアナログの狭間に生息する。